2018年のトレンドヘアの予想

来年2018年はどんなヘアスタイルがトレンドになるでしょうか?ナチュラリズム、透明感、ソーシャルメディア、パーソナライズ、ミニマムリズム、グローバリズムここらあたりがキーワードになりそうな予感がします。日本文化と世界的な価値観との融合が多く見られる年になるでしょう。

 

ナチュラリズム、抜け感

 時代背景にナチュラル、オーガニック志向の高まりと共にヘアメイクもよりナチュラルな雰囲気が加速しています。やっているけどやっていなようにみせる手の込んだナチュラル、計算したナチュラルが大事。なのでわざとざっくり切ったカットベースで毛先をハネささたり、ルーズにしたりします。また透明感をより強調するために、レイヤーなどで軽さをだすのではなく、カットラインの重さのなかにレイヤーとは違う軽さを出すスタイルが流行するでしょう。

ソーシャルメディア、パーソナライズ

透明感のあるアッシュなどのヘアカラーも引き続きメインであり続けるでしょう。インスタに代表するソーシャルメディアから流行が生まれ、その際に写真でフェードなどの加工をすることによって透明感のあるカラーがインスタ映えするのでこれからも増えていくものと思われます。そして、2018年はよりパーソナルな方向に向かっていくでしょう。日本人にフィットする透明感のあるダークカラーがより増えていくと予想。黒なのに重くなく透明感があり色味を感じる色です。いよいよ日本人も本質的な美に気づきだしたのかもしれません。セルフィー文化によって自分という個を改めて見つめ直した結果、憧れのタレントや欧米風を真似てもなりきれない。なので自分を美しくみせるにはどうしていくべきか?の追求にシフトしていきます。

ミニマリズム、グローバル化

日本ではいままでは割とかわいく見られたいといった価値観が多かったですが、自己にフォーカスがあたるような髪型、ファション、自己の美しさを邪魔をせずよりはっきりとさせるようなミニマルスタイルな髪型が流行するでしょう。クールやモード、大人っぽいといったグローバルな価値観がソーシャルメディアを通して日本により浸透してきています。これは雑誌を読まずに、情報はSNSから吸収しているミレニアル世代に特に見られる傾向です。結果、前髪をセンターにして大人っぽくしたり、モードな雰囲気のボブなど2018年はより活性化するはず。ここら辺は世界的なトレンドが流れ込み日本の文化と融合が新しいスタイルを生み出すものと思われます。